扉の向こうHuluネタバレ「あなたの番です」403号室藤井:「彼女は俺の未来の妻だ」独身男の奇妙な性癖

あなたの番です 扉の向こう 藤井

どうも、コータです。

「あなたの番です」第二章も始まり、めちゃくちゃハマってしまったので、私もHuluに登録して扉の向こうを覗いています。

今回は片桐仁演じる整形外科医、「藤井淳史」の扉の向こう側のネタバレです。

Hulu独占オリジナル配信の「扉の向こう」も手が混んでいてとっても面白いです。

モテない中年独身医師の奇妙な日常を覗いてみましょう。

藤井淳史の経歴

名前:藤井敦史

年齢:43歳

職業:三流医大の整形外科医

配偶者:「なし」だけど…。

性格:自信家、几帳面、神経質、嫉妬深い

「扉の向こう」では藤井が一人で語って物語が進んでいるのですが、「俺がモテないのは仕事が忙しいからだ」「某界隈では俺のことを放っておかない」などと自信がある様子。

テレビと話す日常

テレビのワイドショーに自分が出演している程でインタビューに応えています。

藤井
全国放送を使って彼女募集しちゃおうかな?
コメンテーター
うんうん
藤井
私の彼女になりたい方は、骨折でもして、私の病院にご来院ください!(ドヤ顔)
コメンテーター
ふふふ。さて来週のゲストは医師でタレントの「山際佑太郎」さんです

 

ここで雲行きが変わります。

藤井は医学部時代に山際と同期で、その時からモテる山際に嫉妬を抱いていた様子。

携帯のNOWトレンド(ツイッターもどき)のサイトでネガキャンしまくる藤井。

アカウント名は「善良なお医者さん」

山際クソ列伝:学生時代の山際はAさん(藤井)の彼女になりそうだった女を寝取った。

↑「彼女」ではなく「彼女になりそうだった」というところに嫉妬深さを感じますね。
  彼女になりそうだったといのは藤井の主観でしかないですし。

山際クソ列伝:来週のゲスト山際とかクソすぎ。あの番組もう観ねー

山際クソ列伝:Dr.山際調子乗りすぎ

善良なお医者さんが山際のネガキャンばかりしているアカウント。

ネット広告で山際関連の情報が携帯に流れてきてしまうようになっている。

現代のネットあるあるでかなり笑えました。

日頃よく検索するワードや、ツイートしていることの関連広告が携帯に表示されちゃうんですよね。

それに憤慨してクッションを投げるとその先には彼女が…。

肖像画の美女は「未来の妻」

あなたの番です 藤井 晩餐
椅子に置いてあった肖像画に「ごめん」と話しかける藤井。

ドラマ中にも玄関に立てかけてあって奇妙だと思っていた髪の長い20代の女性の肖像画です。

藤井曰く、

知り合いの肖像画家に制作を依頼!

画材、構図に徹底してこだわる!

念密な打ち合わせ!

制作に数ヶ月!

そしてお値段30万円!!!

とのこと。「金ならある」とまたドヤ顔。

 

そして肖像画との奇妙な晩餐が始まる。

付き合って7ヶ月記念日だそう…。

たわいのない会話で仲睦じい会話を(1人で)している藤井の元へ電話が。

 

筧美和子演じるナースの桜木るり(25)から診療室に置いてあった荷物は藤井先生の物か聞かれる。

焦る藤井。中身は彼女(肖像画)にサプライズプレゼントに買ったアンダー70のHカップの高級ブラジャーとパンツだった。

Sな桜木に責められる藤井。終わり際に「下着のプレゼントはイケメンドクターの山際佑太郎だからできることで、藤井先生がやったら犯罪になりますよ」

と言われまたしても憤慨。

すると彼女が…。

嫉妬深い(設定)の彼女とケンカ。そして…

完璧な彼女にも一つだけ欠点がある。それは「嫉妬深い」ことだ。

そこから肖像画との奇妙な喧嘩が始まる。

動画では肖像画の横にテロップで言葉が書かれる演出。

あなたの番です 藤井 肖像画

「私も浮気しようかな」という彼女の言葉に藤井は激怒し、肖像画を椅子から押し倒してしまう。

床に倒れた肖像画を抱きかかえ謝る藤井。

彼女はしゃべらない。

そしてシーンが切り替わると衝撃的な映像に…。

ハッピーエンド!?

あなたの番です 藤井 肖像画 ベット

なんと肖像画とベットイン。

かなり激しく動いています。

ベットの中がどうなっているのかは想像できませんが、奇妙、キテレツな映像。

事後になにやら彼女が微笑んで仲直りできた様子。

「彼女は俺の未来の妻だ」というセリフでエンドロール…。

 

扉の向こう、予想以上に衝撃的で面白かったです。

どこか憎めないいいキャラだった藤井に対する見方が私は完全に変わってしまいましたね。

家の中では肖像画との1人妄想劇を演じているなんて…。

ある意味幸せな人なのかな。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA